HOME | お悩み症状 | レイコさんの場合

更年期総合症

◇ 症状 

閉経前の女性6割に起こるといわれ、全身に不快な症状が現れます。加齢とともに減少する女性ホルモンと関係しており、イライラや不眠、ホットフラッシュ(首から上だけがカーッと暑くなる)、動悸、発汗、頭痛などの症状がみられます。

◇ 改善ポイント
原因 生命エネルギーの低下(老化)と血液の不足によるもの

漫画
漫画
漫画
漫画
漫画
漫画
漫画
漫画

※【健康お悩み相談会】鎌倉薬膳アカデミーでは3ヶ月に1回開催の「無料体験イベント」のなかで「健康お悩み相談会」を行っております。

食生活
生活

《おすすめの漢方》

シミ・シワ・たるみ

◇ 症状 

 
歳を重ねるごとに肌に現れるシミ・シワ・たるみ。それを抑えるために、多くの方が日々のケアに注意されていることでしょう。原因は老化や紫外線、乾燥と言われますが、中医学には「肌は内臓を映す鏡」という言葉があり、体の中の不調が肌に現れることが多いのです。同じ年齢でも若々しく見えるか、老けて見えるかに大きく影響します。
 


◇ 改善ポイント
【シミ・シワの原因】血液の不足や血行不良によるもの

 ①生活のポイント
  • 規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
  • 自分なりの気晴らしを見つけ、不満や悩み、ストレスを溜め込まないようにしましょう
  • 散歩や軽いジョギング、ストレッチなど適度な運動をしましょう


②食生活のポイント
  • 「血」を増やす働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなどの黒色の食材や、レバー、赤身肉、クコの実などの赤色の食材)を適度に摂りましょう
  • シワ予防には、体に潤いを与える食材(白木耳、百合根、牛乳、豆乳など)もバランスよく摂りましょう
  • 脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いものの摂り過ぎに注意しましょう

《おすすめの漢方》

【たるみの原因】胃腸を機能させるエネルギーの不足によるもの

①生活のポイント
  • 規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
  • 大量に汗をかくような激しいスポーツは控え、散歩やストレッチなど軽めの運動をしましょう
  • 体を冷やさないようにしましょう


②食生活のポイント
  • 胃腸に負担をかけないように、しっかりよく噛んで食べましょう
  • 「気」を補う食材(鶏肉、山芋、エビ、豆類など)を適度に摂りましょう
  • 脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いもの、辛みの強いものや、体を冷やす食べ物(刺身・冷たい飲み物・アイス・果物など)の摂り過ぎに注意しましょう
《おすすめの漢方》

白髪

◇ 症状 

 
歳をいつまでも美しい髪でいたいと女性なら誰もが願っていると思います。しかし加齢が進むにつれ、髪質が変化し、白髪が増えたと悩んでいる方が多いと思います。
 


◇ 改善ポイント 
原因1 人体の成長・発育・生殖にかかわる機能の低下(老化)によるもの

 ①生活のポイント
  • 規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
  • 肉体疲労、精神疲労に気を付けましょう
  • 体を冷やさないようにしましょう
②食生活のポイント
  • 「腎」を補う働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなど黒色の食材)をバランスよく摂りましょう
  • 「気」や「血」を補う食材(レバー・牛肉・鶏肉・うなぎ・エビ・山芋・ほうれん草など)もバランスよく摂りましょう
  • 胃腸に負担をかけるような脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いもの、辛みの強いもの、冷たいものの摂り過ぎに注意しましょう
《おすすめの漢方》

原因2 血液の不足によるもの 

①生活のポイント
  • 規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
  • ストレスを溜め込まないようにしましょう
  • 散歩や軽いジョギング、ストレッチなど適度な運動をしましょう
②食生活のポイント
  • 「血」を増やす働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなどの黒色の食材や、レバー、赤身肉、クコの実などの赤色の食材)を適度に摂りましょう
  • 胃腸に負担をかけるような脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いもの、辛みの強いもの、冷たいものの摂り過ぎに注意しましょう
  • 偏食をせず、三食しっかり食事を摂りましょう 
《おすすめの漢方》

不眠

◇ 症状 

 
不眠は、「寝つきが悪い」「眠れない」といった事だけではなく、「睡眠の質」というのも関わっています。「ぐっすり寝た気がしない」「ちょくちょく目が覚めてしまう」「夢をたくさん見る」といった満足感が得られない睡眠も不眠の症状になります。
 


◇ 改善ポイント
原因1 過剰なストレスによるもの

①生活のポイント
  • 規則的な生活を送り、生活のリズムを作りましょう。昼寝をしない、
    または長くならないようにすることも大切です
  • 散歩や軽いジョギング、ストレッチなど適度な運動でストレスを発散しましょう
  • 働き過ぎに注意し、細かいことは気にしないようにリラックスを心がけましょう


②食生活のポイント
  • 「血」を増やす働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなど黒色の食材や、レバー、赤身肉、
    クコの実などの赤色の食材)に加え、気分を落ち着かせるお茶や食材(菊花茶、ミントティー、
    棗、龍眼肉など)を摂りましょう
  • 脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いものの摂り過ぎに注意しましょう
  • 暴飲暴食に注意しましょう


《おすすめの漢方》

 
原因2 生命エネルギーの低下(老化)と血液の不足によるもの

①生活のポイント
  • 規則的な生活を送り、夕方以降は体をリラックスモードに切り替えましょう
  • 肉体労働、精神疲労に気を付け、ストレスを溜めないようにしましょう
  • 屋外スポーツ、サウナなど汗を大量消費することは避けましょう


②食生活のポイント
  • 体のほてりを鎮めたり体に潤いを与える食材(スッポン、鴨、豚肉、百合根など)や
    「血」を増やす働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなどの黒色の食材や、レバー、
    赤身肉、クコの実などの赤色の食材)をバランスよく摂りましょう
  • 冷たいもの、水分の摂り過ぎに注意しましょう
  • 辛すぎるもの、熱すぎるものの食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎに注意しましょう


《おすすめの漢方》
| 1 | 2 | 3 | 4 |
LinkIcon