HOME | お悩み症状 | アヤさんの場合

月経痛

症状

月経期やその前後に、腹痛や腰痛、頭痛、胸の両脇の張りなどの身体的な痛みが現れます。その他に、倦怠感や無気力、食欲不振、イライラ、怒りっぽいなど精神的な症状を伴うこともあります。痛み方は、締め付けられるような痛みや、シクシクした痛みなど人によって様々です。

 

◇原因1-冷えによるもの

 改善ポイント
①生活のポイント

  • 冷房や冬の寒さ、服装の不注意により体を冷やさないようにしましょう
  • 散歩や軽いジョギングなど適度な運動で血行を良くしましょう

 
②食生活のポイント

  • 体を冷やす食べ物(刺身・冷たい飲み物・アイス・果物など)を控えましょう
  • 体を温める食材や辛味の食材(紅花・シナモン・しょうが・ねぎなど)を適度に摂りましょう

 

◇原因2-ストレスによるもの

 改善ポイント
①生活のポイント
・規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
・自分なりの気晴らしを見つけ、イライラや怒りを溜め込まないようにしましょう
 
②食生活のポイント

  • イライラしている時は、暴飲暴食になりがちですから気を付けましょう
  • 身心をリラックスさせる働きがある、すっきりとした香りの野菜やかんきつ類(三つ葉、春菊、セロリ、パセリ、グレープフルーツなど)を積極的に摂りましょう



冷え症

症状

女性に多い悩みです。人によって様々ですが、人一倍寒がり、手足(末端部分)や腰が冷える、夏でも寒がり手足が冷たい、冷房にあたると具合が悪くなるなどの症状があります。東洋医学で冷えは万病の元と考えられ、頭痛や不眠症、月経不調、不妊症、膀胱炎、肌荒れなどの原因となるため、冷え性を改善することは女性の健康にとって大切です。

 

◇原因1-体を温めるエネルギーの不足によるもの

 改善ポイント
①生活のポイント
 

  • 冷房や冬の寒さ、服装の不注意により体を冷やさないようにしましょう
  • 夜更かしをせず睡眠をしっかりとりましょう
  • 働き過ぎに注意しましょう
  • 無理な運動は避け、散歩や趣味を楽しみましょう

 
②食生活のポイント

  • 体を温める食材(牛肉、羊肉、エビ、もち米、山芋、ニラ、葱、生姜など)を摂りましょ
  • 体を冷やす食べ物(刺身、冷たい飲み物、アイスなど)を控えましょう
  • 調理法は、胃腸に負担をかけないお粥やスープなどがオススメ

 

◇原因2-血行不良によるもの

 改善ポイント
①生活のポイント

  • 散歩や軽いジョギング、ストレッチなど適度な運動をしましょう
  • 長時間同じ姿勢をとらないように注意しましょう(時々軽いストレッチをしましょう)
  • 体を冷やさないようにしましょう
  • ストレスを溜めないようにしましょう
  • 働き過ぎに注意しましょう

 
②食生活のポイント

  •  体を温め血行を良くする食材(たまねぎ、韮、シナモン、生姜、紅茶など)を摂りましょう
  • 体を冷やす食べ物(刺身、冷たい飲み物、アイスなど)を控えましょう
  • 脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いものを控えましょう

 



貧血


症状

貧血は女性にとって身近な症状で、10人に1人が悩んでいると言われています。症状は人によって様々ですが、疲れやすい、めまい、立ちくらみ、身体が冷えやすいなどが現れます。女性にとって「血」は大切なものですので、症状が軽い場合でもそのままにせずしっかり対処しましょう。

 

◇原因1-胃腸を機能させるエネルギーの不足によるもの

 改善ポイント
①生活のポイント

  • 規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
  • 目や脳を使うことでも血を消耗するので、テレビを長時間観たり、パソコンやゲームのやり過ぎに注意しましょう
  • 大量に汗をかくような激しいスポーツは控え、散歩やストレッチなど軽めの運動をしましょう

 
②食生活のポイント

  • 「血」を増やす働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなどの黒色の食材や、レバー、赤身肉、クコの実などの赤色の食材)を摂りましょう
  • 体を冷やす食べ物(刺身、冷たい飲み物、アイスなど)を控え、体を温める食材(牛肉、羊肉、エビ、もち米、山芋、ニラ、葱、生姜など)を摂りましょう
  • 調理法は、胃腸に負担をかけないお粥やスープなどがオススメです 

 

◇原因2-過剰なストレスによるもの

 改善ポイント
①生活のポイント

  • 規則的な生活を送り、睡眠をしっかりとりましょう
  • 散歩や軽いジョギング、ストレッチなど適度な運動でストレスを発散しましょう
  • 働き過ぎに注意し、細かいことは気にしないようにリラックスを心がけましょう

 
②食生活のポイント

  • 「血」を増やす働きがある食材(黒胡麻、黒木耳、ひじきなどの黒色の食材や、レバー、赤身肉、クコの実などの赤色の食材)に加え、気分を落ち着かせるお茶や食材(菊花茶、ミントティー、棗、竜眼肉など)を摂りましょう
  • 脂っぽいもの、甘いもの、味の濃いものの摂り過ぎに注意しましょう
  • 暴飲暴食に注意しましょう