HOME | 未病とは | 漢方一覧

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

《アヤさんの“月経痛”の場合》
血を補いつつ、体の中の余分な水分を排出させる方剤で、温める生薬が多い処方です。ドロドロ血を改善する作用に加え、血を補う作用ももっているため貧血症状のある人や、また、余分な水分を出す作用があるため、むくみがある人にも良いでしょう。温めるものが多く入っているため冷えによる痛みや、血の不足によるシクシクした痛みのある場合に良いでしょう。 
 
《ミホさんの“便秘”の場合》
血を補う生薬と体に溜まった余分な水分をとる生薬が配合された処方です。血を補う作用と体の余分な水分を取り除く作用が強く、脾胃が弱いため体に余分な水分が溜まったり、血の不足による血行不良が原因の冷え症の人に良い処方です。

 
 
 
 

同じ漢方でも症状によってはたらきが異なります。

温経湯(うんけいとう)

気と血を両方補いつつ、温める生薬とドロドロ血を改善する生薬が配合された処方です。気血を補い、温める作用と血の滞りを改善する作用があるので、下半身が冷えながらも手のひらは熱い人や口唇が乾燥しやすい人で体力の低下しているタイプの人に良いでしょう。     

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

血行を改善し、ドロドロ血を取り除く代表的な処方です。ドロドロ血を改善する作用には優れていますが、血を補う作用は少ないため、血虚の症状が少なく単に血が滞っているタイプの人で、滞りによる痛みがある人、のぼせと足の冷えが一緒にあるような人によい処方です。    

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

二つ主治をもつ方剤で、急性から慢性へ移行しそうな病状で体液が不足しているような人の治療と、肝の気が滞ることで生じる精神症状を治療する処方であり、虚弱体質で神経質な人に使う処方です。月経痛の場合、肝の気が滞って起こるため胸や腹部のあたりが張るような痛みがあるタイプの人に良いでしょう。また体の中を温める作用もあるため冷えからくる痛みも緩和します。 

 加味逍遥散(かみしょうようさん)

《アヤさんの“月経痛”の場合》
血を補う生薬と肝気の滞りを改善する生薬を配合した
逍遥散に熱を冷ます生薬を加えた処方です。血の不足や肝気の滞りを改善するため、不眠・イライラなどの神経症状のある訴えの多い人で、熱を冷ます作用も加えたため冷えとほてりが一緒にあるタイプの人に良い処方です。血の不足によるシクシクした痛みや肝気の滞りによる張るような痛みに用います。

 
《ミホさんの“疲れやすい”“イライラ”の場合、レイコさんの“更年期”の場合》
肝の機能を改善する生薬と血虚やドロドロ血を改善する生薬が配合された方剤です。肝気の流れを改善する作用と、血を補いつつ流れを改善する作用があるため、訴えが多く、抑うつやイライラがあり、眠れない人や、ほてりと冷えが混在するようなタイプの人に良い処方です。

 
 
 
 

同じ漢方でも症状によってはたらきが異なります。

六君子湯(りっくんしとう)

《アヤさんの“貧血”の場合》
胃腸が弱っている人に用いる四君子湯に、胃に余分に留まっている水分を下す作用のある生薬を配合した処方です。脾気を補う作用に優れ、かつ、胃の通降作用を助ける生薬が入っているため、胃腸が弱っているだけでなく、胸のあたりがムカムカし、吐き気のある人にも用います。胃腸が弱っていて血が作れないような人には良い処方ですが、血を補うものが入ってないため、すぐに貧血を改善したい人は血を補う作用のある生薬を加えると良いでしょう。

 
《レイコさんの“たるみ”の場合》
気を補う代表的な処方である四君子湯に消化管のつかえや気の滞りを改善する生薬を加えた処方で、胃腸が弱っていて腹部がつかえる人に使います。胃腸が弱っているため十分に気が補えず、疲れやすく、内臓下垂やたるみなどがあるもの場合にも良いでしょう。 

 
 
 
 

同じ漢方でも症状によってはたらきが異なります。

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)

胃腸が弱っている人に用いる四君子湯に、血を補う作用のある四物湯を合わせ、さらに気を補う生薬と体を温める生薬を合わせた処方です。気と血の両方ともを補う作用に優れ、また体を温めてそれらを巡らせる作用ももつため、倦怠感や貧血症状の強い、冷えのある人に良い処方でしょう。

参苓白朮散料(じんりょうびゃくじゅつさんりょう 

胃腸が弱っている人に用いる四君子湯に、気や水分の巡りを改善する生薬と下痢を抑えるような生薬を合わせた処方です。脾気を補う作用と気を巡らせる作用があり、さらに緩やかに下痢を抑える作用も合わせもつため、ストレスなどで胃腸が弱っていて下痢・軟便になりやすい人に良い処方です。血を補うものが入ってないため、すぐに貧血を改善したい人は血を補う作用のある生薬を加えると良いでしょう。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこうつぼれいとう)

体力虚弱な人の冷えによる風邪に用いる桂枝湯に、腎の陰気を補う生薬を配合した処方です。腎に作用し、腎と心の陰陽のバランスを改善する働きがあるため、心の異常からくる不眠・動悸の改善などに使います。腎の陰陽がともに虚した人に用いるので、腎が原因で生じる気血不足の人に良い処方ですが、血を補うものが入ってないため、すぐに貧血を改善したい人は血を補う作用のある生薬を加えると良いでしょう。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

脾胃に作用し気を補う代表的な処方で、さらに上にあげる作用のある生薬が配合された処方です。脾胃を補い、気を益す作用が強いため消化機能が衰え、だるさ、食欲不振などがある人に良いでしょう。また持ち上げる作用の強化作用もあるので胃下垂など内臓下垂のある人にも用います。

芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)

血を補う生薬に気血水の流れを改善する生薬を配合した芎帰調血飲を基に気血の巡りを改善する効果をさらに高めた処方です。気血水全てを巡らせる作用に優れ、また血を補う作用もあるため血の滞りや不足、気の滞りなど様々な要因が重なって生じたイライラのある人にも良いでしょう。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう

血を補う生薬と気を補う生薬に加え、血を巡らせる生薬と止血作用のある生薬が配合された処方です。血と一緒に気を補う作用が強く、気血を巡らせる作用があるため、疲れやすく、血の不足や巡りが悪いことにより起きる痛みがある人や、冷え、貧血・不正出血がある人に良い処方です。血の不足による白髪のある人にも良いでしょう。


芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)

血を補う生薬に気血水の流れを改善する生薬を配合した処方です。血を補う作用があるため産後や術後の血虚状態にある人、気血水の巡りを改善する作用から巡りが悪く血がドロドロしていて、イライラする人に良いでしょう。健脾の作用もあり、胃腸の弱い人でも服用でき、また、温める作用もあるので手足に冷えのあるタイプの人に適します。

桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんりょうかよくいにん)

血行を改善し、ドロドロ血を取り除く代表的な処方である桂枝茯苓丸に薏苡仁(はと麦)を加えた処方です。ドロドロ血を改善する作用には優れていますが、血を補う作用は少ないため、血虚の症状が少なく単に血が滞っていて、しみや皮膚の炎症がある人に良いでしょう。

当帰芍薬散加薏苡仁(とうきしゃくやくさんよくいにん)

血を補いつつ、体の中の余分な水分を排出させる方剤である当帰芍薬散に薏苡仁(はと麦)を加えた処方です。ドロドロ血を改善する作用に加え、血を補う作用ももっているため貧血症状のある人や、また、余分な水分を出す作用があるためむくみがある人の湿疹・皮膚疾患にも良い処方です。温めるものが多く入っているため冷えのある場合に用います。 

理中湯(人参湯)(りちゅうとう・にんじんとう)

脾胃の陽気が不足したことによる冷えの症状をとる方剤です。脾胃の陽気を補う作用に優れ、温める作用が強いため、虚弱体質のため新陳代謝が低下している人の胃腸障害や冷えに良い処方です。

真武湯(しんぶとう)

体を温め新陳代謝を改善する生薬と、体の水分代謝を改善する生薬が配合された処方です。腎の陽気を高める作用が強く、また、水分代謝を改善する作用があるため全身に水分を巡らせることができるので、冷えがあり、新陳代謝が衰えたことによるたるみがある場合に良いでしょう。

四物湯(しもつとう)

血を補う代表的な方剤で、血を補う生薬と血行を改善する生薬が一緒に配合された処方です。血を補ってさらにその血を滞らせることなく巡らせる作用があり、温性のものが多いため、貧血や血の不足による肌乾燥があるひとの冷えに良い処方です。

八味丸(はちみがん)

腎に作用し陰虚を改善する処方である六味丸に、腎を温める生薬を配合した処方です。腎の血・精のみでなく気も補う作用があるので、腎陽が不足し冷えがある人で、腰から下の機能が弱い人や、尿トラブルがある人に良い処方です。気血精全てが不足している人の眼精疲労や白髪に良いでしょう。

六味丸(ろくみがん)

腎の陰分の不足を補いつつ、陰虚による熱を冷ます生薬が配合された処方です。腎に働きかける作用が強く、血や精といった陰分を補う作用と熱を冷ます作用があるため、口渇や手足のほてりがあるなど熱による症状があり、腰から下の脱力感や尿トラブルがあるなど高齢者特有の症状がある人に良い処方です。精血不足による白髪にも良いでしょう。

小健中湯(しょうけんちゅうとう)

小児の夜泣き・夜尿症にもよく用いられる方剤で、脾胃が弱いものの気血不足を改善する処方です。弱った脾胃を補い、また気血を益す作用があるため、胃腸虚弱で疲れやすく、血行の悪い人の腹痛・消化器症状の改善に良いでしょう。

麻子仁丸(ましにんがん)

腸の水分不足を改善し便秘を改善する代表的な処方です。乾いた胃腸を潤す作用に加え、腸の熱をとったり、排便を促す作用があり、水分不足がちな乾いた塊の便がでるの人の便秘に良いでしょう。

杞菊地黄丸(こぎくじようがん)

腎に作用し陰虚を改善する処方である六味丸に、目に作用する生薬を加えた処方です。腎に働きかける作用が強く、血や精といった陰分を補う作用と熱を冷ます作用がある六味丸より、さらに目に働きかけ、熱をとる作用を強めた処方なので、目の使い過ぎによる眼精疲労や充血がある人に良いでしょう。ただし、冷やす作用が強いので冷え性の人は注意が必要です。

柴胡疎肝湯(さいこそかんとう)

ストレスの影響を受けやすい肝に働きかけ気の流れを改善する処方です。目と関係の深い肝に作用し気の流れを改善する作用が強いため、ストレスが多く、胸や腹部に張りがあるような人や訴えの多いタイプの眼精疲労に良いでしょう。

加味帰脾湯(かみきひとう)

 
心血と脾気を補う処方にイライラなどの精神症状を沈める生薬を配合した処方です。脾気を補う作用が強いため、胃腸虚弱が原因の心血虚による不眠や不正出血がある人に良いでしょう。また目と関係の深い肝の気を巡らせたり、熱を冷ます作用もあるので眼精疲労にも良いでしょう。